ちくちくあみあみときどきうさこ。
http://gongzishop.blog95.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

うさぎさんと生活しています

我が家はうさぎのうさこさんと共同生活をしています。 うさこさんの居住スペースと飼い主の居住スペースを 分けて過ごしておりますが、g`ongzistoreの商品は うさぎさんと生計を共にしている環境下で制作しておりますので ご了承ください。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

うさこさん

月別アーカイブ

こんなに沢山作りました。

いらっしゃいませ♪

お問い合わせはこちらから♪

なんでもお気軽にお問い合わせ下さ~い♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2013.09.24/ 22:59(Tue)




 



ちょうどいい感じにサビサビになった鉄線。



20130920-2.gif 


お尻もちょっとカワイイ。


自然の色合いは本当にキレイ。



20130923-2.gif 


家の前に咲いている曼珠沙華


今年は暦通り彼岸に開花。


すっごい。


20130923-3.gif 




20130923-4.gif 



先日 研ぎ師さんに研いでもらった裁ち鋏。


切れ味鋭くなって戻ってきました。


気持ちよく裁断出来ると


何となく


チクチク速度も上がるようなそんな気持ちがします。


若干ですが。


***


その研ぎ師さんに


祖母の形見でもある理容鋏もお願いしました。


研ぎ師さんから受け取った鋏には


錆びれてしまっていて見えなかった刻印が浮かび上がっていました。


どこのメーカーなのかは分かりませんが


調べてみようかなと思っています。


当時


女の人が手に職をつけ


理容師であった祖母。


それは大変な苦労と努力をしたことでしょう。


gonの記憶の中には


床屋のばっちゃん。

とか


床屋のばっぱ。



呼ばれていた祖母が


店先に立って毎日お客さんを散髪をしていた姿を思い出します。


待っている人達に混じって


ソファーで漫画を読んでいたり


石鹸シャンプーで遊んだり


ヒゲをあたるシャワシャワした泡立て器?で遊んだり


祖母に髪を切ってもらったり


懐かしく思い出しました。


古いものを大切にするということは


思い出も大切にしていることなのかも知れません。


ここで母の実家を取り壊すそうで


床屋の店先にある祖母の理容師の免状をもらうことにしました。


gonが物心ついた時からずっと抱いていた


美容師になるという夢は


もしかしたら祖母の影響が大きかったかも知れません。


実際には違う職に就きましたが


***


びっくりするほどブレることなく夢を見ていた自分にびっくりなのです。


他のことは飽きっぽいのですが。







ぶぶ




















スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Comment(0)
Category: 日記
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
 
Copyright © 2017 g`ongzi store, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。