ちくちくあみあみときどきうさこ。
http://gongzishop.blog95.fc2.com/
twitter  facebook   admin  

うさぎさんと生活しています

我が家はうさぎのうさこさんと共同生活をしています。 うさこさんの居住スペースと飼い主の居住スペースを 分けて過ごしておりますが、g`ongzistoreの商品は うさぎさんと生計を共にしている環境下で制作しておりますので ご了承ください。

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

うさこさん

月別アーカイブ

こんなに沢山作りました。

いらっしゃいませ♪

お問い合わせはこちらから♪

なんでもお気軽にお問い合わせ下さ~い♪

名前:
メール:
件名:
本文:

Topへ戻る

--.--.--/ --:--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] 
2015.12.22/ 23:52(Tue)


 今年もあと少し
あっという間の一年だったような気がします。

いやいや

本当にあっという間。

そんな一年の締めくくりに

うさこさんは病院に行くことになってしまいました。

経過観察なのですが

最初の診断は膀胱炎ということでした。

今は落ち着きつつあります。

20151222-2.gif

ここからは備忘録です。




いざという時に備えて

キャリーに慣れてもらうということで

毎日のケージのお掃除中は

キャリーの中で過ごしてもらっています。

そのお陰かキャリーを開けると

うさこ自らキャリーに入ります。

そしてそのキャリーに入るとうさこさんは用をモリモリ足してくれます。

なのですがお掃除を終えてキャリーを覗き込むと

頭が真っ白になる光景が広がっていました。

床に敷いたペットシーツの色が赤いのです。

キャリーに入った直後にチェックした尿の色は普段通り。

その数分後、ペットシーツは赤く染まっていました。

こんな事態になっているのに

え?

脳ミソがうまく機能しません。

当のうさこはいたって普通。

いつも通りのうさこで変わった行動はとっていませんでした。

ペットシーツを見る限りでは濃度のある血液ではなさそうで

いくらか血液が薄まっているような感じでした。

量も大量ではなく、いつものうさこの尿の量と変わらない感じ。

ただ、数分前まではいつも通りの色だったのに。

本当に突然です。

ペットシーツを持ち、

獣医さんのもとへ。

幸い5分とかからない場所にあるので

こういう時は本当に助かります。

だけど

あんなに自分からキャリーに入ってくれるうさこなのに

病院に行くと察知したのか

全然入らず。

泣きたくなりました。

なんとなく言葉を理解しているのか、

病院に行きますよオーラを感じているのか

こういう時のうさこさんは本当に手強いのです。

初めての通院ではないので

なんとなくひと悶着あるだろうなと。

今回も予想通りかーちゃんvsうさこ

通院となるとこんな攻防を繰り返しているので

かーちゃんとしては平静を装い、病院なんて言葉は決して口には出しません。

学習済みなので。

だけど、大好物のチュッチュちゃんを見せても

おからむねさんを見せても

うさこの好きなものシリーズでおびき寄せようと画策するも

すべてお見通し。

恐るべし、うさこ

1歳9ヶ月とちょっとうさぎさんとヒト科の戦いです。

もう、泣き落し。

うさこの根負け。

しかたねーな。かーちゃん、今回は従ってやるぜ。

そんな感じでしょうか、しぶしぶキャリーに入ってくれました。



病院へ。

最初のペットシーツを見せ、

新しく替えたキャリーのシーツにも赤い尿らしきものが。

先生が試験紙で確認すると

血液反応が出ました。

やっぱり血尿でした。

うさぎさんの育児本等に書いてあることが頭をよぎります。

自己診断はいけないのは分かっていますが

その情報が不安を増長させます。

沢山の情報は不安以外の何モノでもありません。

だけどある程度の知識も必要だということも確かです。

そして問診。

もの言えぬ動物さん達を救うのは

一緒に生活を共にしているヒトの言葉。

異変に少しでも気がついてあげなければ。

そう毎回思うのですがそう簡単にはいきません。

そして毎回ごめんねとただ謝るしかないのです。

食欲、排便等々、行動に変わりはないように思えました。

ひと通り獣医さんの説明をお聞きして

一週間分の抗生物質と止血剤のお薬をいただいて

経過観察ということになりました。

可能性とすると膀胱炎だろうと。

他にも色んな病気を予想していたので

まだまだ不安です。

一週間後に再診です。

先生の質問の中に思い当たる節があったので

反省しました。

うさこは元気に走り回っているし

食欲もあるし

実際うさこの体内で何が起こっているのか

分かりません。

今のうさこの尿は若干濃い色ではあるけれど

あんなに赤い色の尿は出ていません。

シリンジでの投薬は苦手なうさこ

りんごジュースに混ぜてお皿から服用しています。

20151222-1.gif 

なかなか手強いうさこ

寝顔はこんなに可愛らしいのにねぇ。

20151222-3.gif 

すぴー すぴー

寝息、ものすごーく可愛すぎるぅ~

かーちゃんはうさこの可愛さに気絶しちゃいそうだよ。


かーちゃんのいびきは噂によるとすごいらしい。

こういうところは かーちゃんに似なくてよかったね。


通院がんばってくれてありがとう。








スポンサーサイト
 
編集[管理者用]  Comment(0)
Category: うさこ
 
Comment

 

name
title
mail
url
comment
password

 Secret?

 

 

 
 
Copyright © 2017 g`ongzi store, all rights reserved.
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。